やさしいダーリンの快適暮らしの知恵袋
毎日を快適に暮らしていくためのいろいろな知恵や情報を、 大好きな人と一緒に日々の生活の中で楽しんでみませんか? 何気ない毎日がちょっとだけ豊かになるはずですよ。

やさしいダーリンドットコム


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse













[3月11日はパンダ発見の日]
小さかった頃、家族と上野動物園に行って、
警備の人に「止まらないで下さい!」とか言われながら
すごく並んでガラスごしにパンダのを見たのを
今でも覚えております。
初めて日本に来たパンダ、カンカンとランラン!
日中友好の象徴としてやって来た日本初上陸のパンダさんです。
カンカンとランランは1972年10月28日に中国国民から贈られ、
上野動物園で飼育され、たちまちのうちに人気ものとなりました。
メスのランラン(蘭蘭)は1979年9月4日に死亡、11才。
オスのカンカン(康康)で、翌年1980年6月30日に9才で死んじゃったんですね。
その後の歴代パンダさんは
「ホワンホワン」「フェイフェイ」上野動物園生まれの「トントン」
現在は「リンリン」当たっているかな???
なんでいきなりパンダネタかというと、今度の日曜日、3月11日は
パンダ発見の日だと知ってしまったからです!
1869年のこの日、中国の四川省(当時は蜀省)を伝道中のフランス人神父ダビッドが、
へんてこりんな毛皮を見せられました。実はこれがパンダ。
地元の人以外で初めてパンダの存在を知った瞬間でした!
ジャイアント・パンダは中国の四川、および甘粛に分布し、
標高2000メートル〜4000メートルほどの竹林に生息、
日中は地上でタケの葉やタケノコなどを食べ、洞窟や樹洞を隠れ場とします。
ちなみに冬眠はしません。
実をいうと私も大のパンダ好き!
新潮文庫のYONDAくんフィギュア欲しさに
文庫本を読みあさったこともありました。
今度の日曜日3月11日は、我らが愛すべきパンダくん発見の日、
久しぶりに上野動物園に行ってみたくなっちゃいました。


人気blogランキングへ
【2007/03/09 16:02】 豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) | [TOP]
[おしょうゆの商標 六角形の謎!?]

「なんで醤油のマークは六角形なんだろう?」
今朝、いきなり彼女にそう聞かれ、さっそく調べてみました。
実はあのトレードマークの六角形は亀甲(きっこう)亀の甲羅の形なのです。
亀甲(きっこう)。そう「キッコーマン醤油」のキッコーは亀甲のことです!
調べてみると「キッコー〜」という名称の醤油は全国各地にかなり種類があるようです。
もともと亀の甲羅を象ったキッコー印は、その形から亀城とよばれた土浦城(茨城県)にあやかって
土浦製の醤油につけていたものがはじまりとされています。
そしてそれが醤油を意味する印として全国に普及したといわれています。
「亀は万年」という縁起の良さも全国に普及した要因のひとつかも知れませんね。
ちなみにお寿司屋さんなどで醤油のことをさす「むらさき」という言葉も
茨城県の筑波山のふもとで醤油がつくられていたことに由来しているようです。
江戸時代の醤油の産地としてかなり有名だった茨城県土浦。
土浦富士山とともに霊峰とされていた筑波山の麓に位置しています。
そして筑波山は別名「紫峰」とよばれ、この「紫峰」から
その麓でつくられた土浦のお醤油のことを「むらさき」と呼ぶようになったといわれています。
さらには醤油の別称「おしたじ」も、「常陸国(ひたちのくに=現在の茨城県)」の
「ひたち」が転じて「したじ」になり「御」がついたのだと言われています。
こう考えると江戸時代、醤油といえば茨城!というくらい
強力なブランドがあったのですね。
こうなると茨城の醤油をちょっと味わってみたくなっちゃいました。




人気blogランキングへ
【2007/03/08 10:18】 豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) | [TOP]
[今日は啓蟄]
今日は二十四節気で「啓蟄(けいちつ)」
大地が暖まって冬の間、地中にいた虫が這い出てくるという日なのですが
今日は何ともあいにくの天気ですねぇ。
虫だって、こう天気が悪いとあと一日くらい土の中で寝てようなんて
思っているんじゃないかなぁ?(笑)
啓蟄の「啓」は「ひらく」で「蟄」は巣ごもりを意味していて
冬眠していた虫たちが、このころになると地上に姿をあらわしはじめると言われています。
今日は「啓蟄」なんだと意識して、ちょっと地面なんかを見つめてみてはどうでしょう。
虫が活動し始めるのは実際にはもう少し先かも知れませんが、
人知れず咲いている春の花を発見できるかもしれませんよ。

このところ忙しくてこのブログもなかなか書けない状態。
なんとも情けない気持ちになります。
「忙しい」という言葉の由来は「心」を「亡くす」という意味。
考えて見たら「忘れる」という字も「こころをなくす」と書きますね。
忙しくて心を亡くし、こころをなくすから忘れてしまう。
いけないなぁ・・・心をなくしては。
仕事に追いかけられて、ついつい本当にしなければならないことができなかったり
「忙しい」を理由に人との出会いや縁あって出逢えた人とのお付き合いを
おろそかにしている自分に反省です。
もっともっと心をこめて生きていきたいと思います。
がんばろうっと!



人気blogランキングへ
【2007/03/06 10:12】 歳時記 | トラックバック(0) | コメント(0) | [TOP]
| ホーム |