やさしいダーリンの快適暮らしの知恵袋
毎日を快適に暮らしていくためのいろいろな知恵や情報を、 大好きな人と一緒に日々の生活の中で楽しんでみませんか? 何気ない毎日がちょっとだけ豊かになるはずですよ。

やさしいダーリンドットコム


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse













[今年も出遅れ、もうあと3日・・・大掃除]
みなさんはもう大掃除しましたか?
もうとっくに済ませている方も多いと思いますが、
これから出来るところまでって方もいらっしゃるかな?
私の勤めている会社は昨日が御用納め、
で、本日が大掃除〜忘年会という流れです。
大掃除というとやっぱり年末の恒例行事!
なぜか必ずやらなくてはならないものと思っていて
やらないでお正月を迎えるのは気持ち悪いという人も
多いのではないでしょうか?
でも年末は何かと忙しい時期。
クリスマスもあるし、お正月の準備もあるし、
忘年会など、この時期のスケジュールはいっぱい!
考えてみれば年内で最も忙しい時かもしれません。
ついついお掃除は後回しということになってしまいがちです。
江戸時代の民家では、12月13日を「煤(すす)払い(大掃除)」の日とし
その年の厄を祓い清めて新年を迎える準備をしていたそうです。
いまでも13日のニュースを見てると
「○○神社で恒例のすす払いが行われ」なんて
現在でも神社などはこの日にすす払いを
恒例としているところが多いようです。
現代では大掃除は年末のお休みにはいってからという
風習ですが、どんなに頑張ってもお正月まであと3日、
来年こそは早めにすまそうと、
今年のいたらなかった所には目をつむり
おおらかな気持ちで新年を迎えたいと思います。


人気blogランキングへ
【2006/12/29 08:33】 歳時記 | トラックバック(0) | コメント(0) | [TOP]
[お飾り、いまからの方はお30日に飾りましょう!]

はじめまして!
やさしいダーリンの快適暮らしの知恵、今日からスタートです。
日々の暮らしの中で、知っているとちょっと楽しい
いろいろな情報を集めてきては紹介していこうと
思いますので、どうぞよろしくお願いしますね!

第一回の今日は目の前に迫ったお正月に向けての豆知識。
「お飾」についてです。
新年に門口にしめなわを飾るのは、
外から災いが内に入らないようにとの願いが込められています。
飾りつけはできるだけ12月の27日か28日に行います。
というのも、29日は「二重苦」とか「苦立て」と言われ嫌い、
31日では元旦まで1日しか残ってないので「一夜飾り」と
言われ敬遠されます。(お葬式の飾り付けが1日で済むのと同じ事とされ、
縁起が悪いので)。取り払うのは関東では7日の「七草の節句」、
関西では15日とされているみたいです。
最近は12月29日か30日までにすればよいとされています。
「しめ飾り」とはしめ縄で作ったお飾りのことで、
神をまつる神聖な場所であることを示すものとして飾られます。
新しいわらには、古い年の不浄を払い、神様を迎えて祭る
清浄な場所であることを示す占標(シメ)のことを言います。
また橙を飾りますが「家が代々繁栄しますように」との願いで、
裏白を飾るのは「後ろ暗いところのないように」との願いです。
おなじみの昆布は「よろこんぶ」ということで、
このようにしめ飾り全体で一家の幸せを願ったのです。
ちなみにその年飾ったしめ飾りは年内に神社で燃やして、
クリスマスツリーのように使いまわしは絶対しませんからご注意!
今日は28日、これからお飾りを飾る方は
明日29日は避けて30日に飾ってくださいね。
ちなみに我が家は愛する彼女が先に実家に帰っているので
私だけで、30日にお飾りを飾る予定です(^_^)/


人気blogランキングへ
【2006/12/28 15:06】 豆知識 | トラックバック(1) | コメント(0) | [TOP]
| ホーム |