やさしいダーリンの快適暮らしの知恵袋
毎日を快適に暮らしていくためのいろいろな知恵や情報を、 大好きな人と一緒に日々の生活の中で楽しんでみませんか? 何気ない毎日がちょっとだけ豊かになるはずですよ。

やさしいダーリンドットコム


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse













[家の仏壇に関するアレコレ]
今の部屋に引っ越した時に気になったのが仏壇の置き場所。
「よく分からないけど、きっと方角とかあるよねぇ・・・」なんて
話ながら、それでも部屋のレイアウトを考えると置ける場所も限られていて
とりあえず一番いいであろうと思われる場所に置いていたのですが
それで本当にいいのか気になっていたんですよね・・・
そこでちょっと調べてみたので報告します。
仏教では十方どの方角にも仏さまはいらっしゃるということで、
お仏壇を置く向きや方角に吉凶はないとのことですが、
真北を向く北向きは避けた方が無難であるということでした。
それよりも毎日のおまいりがしやすい場所に置いて
できるだけ毎日お勤めをする方が大切ということです。
仏間があれば一番よいのですが、我が家を含め一般のお家では
なかなか仏間というわけにもいかないでしょうし、
床の間や押入れの上部、整理タンスの上、
居間のサイドボードなどの上などに
置いても大丈夫です。ただし、いくら部屋が狭いからと言って
仏壇の上にモノを置いたりするのは当然NGです。
つづいて日々のお勤めの基本です、
●朝、起きたらまず仏壇前に正座し合掌、軽く一礼をし、
仏壇の扉をあけます。
●朝食を食べる前に、仏飯、浄水(お茶)、花などをお供えます。
 できるだけ毎日、最低でも週のはじめとか、
その月の一日とかにはお供えをしましょう。
●ロウソクに火を灯し、線香を焚き、リンを鳴らし(2回)、
合掌礼拝します。
 ロウソクに火をマッチでつけるときに使用済みマッチを入れる
入れ物がない場合でも香炉の中にマッチをさしてはいけません。
燃えかすを一度マッチ箱に戻してあとで捨てましょう。
●読経を行うのが理想ですが、ふつうは合掌礼拝のみでOK。
 大切なのは仏様ご先祖様への感謝の気持ちです。
 家族が無事に毎日を過ごすことができることに感謝しましょう。
●食事の後、お供物を下げ、ロウソクを消します。
頂き物や特別にご先祖様にお供えしたいものがあれば、
 仏前にお供えをします。
●夜は寝る前に合掌一礼します。

線香の本数も宗派によって違いので戸惑う事ありますが、
あまりこだわる必要はないようです。
ちなみに真言宗や天台宗では、線香は3本供えます。
3本の線香はそれぞれ仏・法・僧の意味。
身・口・意の意味という説もあるそうです。
浄土宗も3本(焼香は3回)で同じですが、
意味は現在・過去・未来の3つの世界の仏様に
お香をお供えするためだそうです。
曹洞宗では線香は2本(焼香は2回)、意味は戒律と禅定。
真宗や日蓮正宗は、線香1本(焼香は1回)で、線香は立てずに、
折って香炉に横に寝かせるそうです。

一応このように定められていますが、
必ずしも、決まり通りの本数の線香を供えなければならないわけではなく
大切なことは心をこめてお香を供えることで、
本数はあまり多きな問題ではないということです。
1本でも十分ですし、2つに折って半分ずつ使っても構わないということでした。
ただ、ひとつ気を付けたいのが、ロウソクで灯した線香の炎を消すときに、
息を吹きかけて消してはいけません。息は不浄のものとされていますから
手のひらをうちわのようにして風を送って消すようにしましょう。
我が家は確か浄土宗ですが一応、一般的に教えられている
決めごとをまとめてみました。
ただ宗派によって違いがあるかと思いますので、
気になる方は確認してみてください。
ただ宗派を問わず、気持ちが一番大切だということには間違いありませんから
なるべく、最低限のことでも「続ける」ということを心がけて、
日々、無事に暮らせることを感謝していきたいなぁって思います。
その方がきっと気持ちいいですからね!



人気blogランキングへ
【2007/01/25 11:49】 マナー | トラックバック(0) | コメント(0) | [TOP]
| ホーム |